街角法律相談所無料シュミレーター

2013年01月04日

過払い金はどのくらいの取引で発生するのか

貸金業者に借金していて毎月返済しているという人、たくさんいることでしょう。
そんな時過払い金に関するCMがテレビやラジオから聞こえて来たりします。

毎月返済しているのになかなか減らない人は
「自分にも過払い金が発生するのでは?」と考えたりしますよね。

自分の場合、過払い金が発生しているのかどうか判断しかねます。

そこで「どのくらいの取引で過払い金は発生するのか」ですが
一般的には、5年以上取引が続いているならば、過払い金発生の可能性があり
7年以上取引が続いているのであれば、過払い金が発生している可能性が高いとされています。

ただし、次ような場合は例外となります。
直前に多額の借増しをしているケース。
小口の借入れを頻繁にしているケース。
この場合は、取引している期間が、たとえ10年以上あっても
過払い金が発生しない場合もあります。

過払い金が発生しているかどうかを調べるには、
貸金業者から、いままでの「取引履歴」を取り寄せる必要があります。

これって自分でやるとなると結構勇気がいりますよね。
取引履歴が手に入ったならば、それを見ながら、利息制限法で、計算し直してみることです。

街角法律相談所無料シュミレーター


posted by 過払い金請求 at 13:39 | 過払い金
映画賞の歴史