街角法律相談所無料シュミレーター

2013年01月15日

過払い金返還請求の流れ

過払い金返還請求の方法には、自分で請求する方法と、
司法書士や弁護士の専門家に過払い金返還請求を依頼する方法と2つありますが

司法書士や弁護士に全てを一任する場合の簡単に説明します。
過払い金返還までの流れを簡単ではありますが知っておきましょう。

1.貸金業者への受任通知を発送します。取引履歴の開示を請求します。

2.それらをもとに利息制限法による引直計算をします。

3.払いすぎていた分を過払い金返還請求します。

4.交渉のすえ、和解出来ない場合は、訴訟手続で、なお返還を求めます。

5.貸金業者からの返金


このような流れになっていますが、あくまでも流れで
取引履歴の開示をしてくれなかったり、
過払い金の返金を求めても返金してくれなかったりと、

過払い金返還請求をしても、すんなり返金してくれる業者はなかなかいません。

手続を開始してから、実際にお金が手元に戻るまでには
司法書士や弁護士の専門家に頼んでも3か月から半年程度はかかると思っていて下さい。

自分自身で過払い金返還請求する場合はこれ以上時間がかかることはお分かりですよね。
また、必ずしも、お金が返ってくるケースばかりでもありません。

大きな貸金業者でも、以前に比べて経営状態が悪い所が多いこともあり
一度自分の会社に入ったお金を返金するのは嫌がる傾向にあります。
(これはどんな会社でも一緒ですね。)

任意の交渉の段階で、和解となればいいのですが、
そのようなパターンは、最近では、ほとんどないそうです。
ですから、交渉は長期化にもつれこむ傾向にあるのです。

街角法律相談所無料シュミレーター













posted by 過払い金請求 at 09:55 | 過払い金返還請求
映画賞の歴史